結婚前調査について
2017.06.22

パソコンを拡大結婚前調査は、婚約している相手の素行や背景などを調査するものです。結婚は、人生において重要なイベントのひとつです。愛し合って結婚する約束をした相手であっても、結婚相談所などで紹介され、浅い交際を経て結婚の約束をした場合などであっても、結婚後は生涯をともにする前提となります。それだけに、長い人生をともに歩んでいける相手なのか、性格が合う、相性がいいなど、つきあっていて感じることの他、隠していることはないか、隠された問題点はないかなどを探偵事務所に依頼して調査してもらうものです。
結婚前調査を依頼するのは、結婚を予定している本人だけでなく、その本人のご両親であることも多くあります。特に娘さんを持つご両親としては、大事な娘が結婚後不幸な目にあうおそれはないだろうかと心配になるものです。結婚前はいいことばかりを言うけれど、結婚した後に態度や対応が豹変するといったケースは珍しくはありません。
それだけならまだしも、結婚前は気づいていなかった悪癖や悪い行動習慣、悪い背景などがあらわになり、夫婦間での大きな問題となったり、さらには短期で離婚に至ることもあります。婚約者の前ではおとなしく、好人物を気取っていても、実際には隠された裏の顔を持っている人物も少なくはありません。婚約した本人は喜びで頭がいっぱいでしょうから、相手の過去や裏の顔をつきとめようなどと考えもしないでしょう。
そこで、本人に代わってご両親が婚約した相手の結婚前調査を依頼するケースが多くあるのです。結婚前調査を行なうと、それまでは気づいていなかった問題と考えられる点がいくつも露呈することがあります。たとえば、パチンコや競馬、あるいは賭けマージャンなどで1度に数万円単位の金銭をやりとりしているなど、度を越えたギャンブルを行なっていることもあります。夜の街にたびたび出没し、キャバクラやラウンジ、クラブなど女性が相手わしてくれる店にしょっちゅう入り浸っていることもあります。
ギャンブルや夜の飲食代などの支払のために、多額の借金を抱えていたり、浪費壁癖があり、給料だけでは足りないため何件ものキャッシングをしていることもあります。婚約者と交際しながら、同時に交際を続けている相手がいたというケースもあります。それらは、当然のことながら結婚前に婚約者に正直に明かすことはまずありません。
しかし、結婚して生活をともにすれば、露呈してトラブルになる可能性はいずれも高いものです。それらトラブルの原因となる問題点がないかどうかを調査するものが、結婚前調査です。

▲ ページトップへ